精密騒音計 NA-28レンタルのご紹介です。

お取引件数など
メジャー レンタルで検索お問合せください。
measuringロゴ 全国配送します。 当日発送可能 
measuringロゴ

精密騒音計 NA-28レンタルのご紹介です。

measuringロゴ
メニュー

精密騒音計 NA-28(1/3オクターブ分析機能付) レンタル


精密騒音計 NA-28(1/3オクターブ分析機能付)
機材名称精密騒音計
型番NA-28
メーカーリオン



今すぐ機材が使いたい! 今すぐ価格が知りたい!
自動見積ボタン

精密騒音計 NA-28(1/3オクターブ分析機能付)
機材名称精密騒音計
型番NA-28
メーカーリオン


メールでのお問合せ

精密騒音計 NA-28(1/3オクターブ分析機能付)のレンタル事例

  • ホテルの宴会場の残響測定
  • 看護研究の為、病棟内の騒音計測の為
  • ジューサーの騒音測定(テレビショッピング等での騒音比較)
  • 大声コンテストなどのイベントに
  • ホール内での残響時間を測定
  • 自動車・機械・電気製品など工業製品の品質管理・検査・開発設計
  • 産業機械の保守管理に
  • 作業現場の環境改善に
  • 医学分野での声の分析・発声の訓練に
  • 動物、鳥、魚類の生態研究に
  • 廊下と室内、屋内と屋外、2室間での床衝撃音の測定
  • 楽器演奏時の室内騒音の測定
  • 隣の工場、幹線道路、飛行機など、環境騒音の測定
  • 集合住宅(マンションや住宅)等の遮音性の測定
  • 線路沿いなど騒音対策や騒音防止のための測定

精密騒音計 NA-28(1/3オクターブ分析機能付)【リオン】の概要

豊富な機能で、使いやすいコンパクト設計

NA-28は、計測を効率的にするための「オクターブバンドと1/3オクターブバンドの同時分析」、見やすい「バックライト付、カラーTFT液晶」、迅速なデータ転送を可能にする「USB接続」により、本体を「リムーバブルディスクとして認識」する機能を採用しました

※レンタルの騒音計はJQAの検定を受けており、計量証明事業社様にもご利用いただけます。検定とは別に校正器での校正も行っていますので、ISO等で必要な校正書類も発行可能です。

精密騒音計 NA-28(1/3オクターブ分析機能付)【リオン】の特徴

  • オクターブ、1/3オクターブバンド実時間分析の同時測定が可能。
  • バックライトによる見やすい、「TFTカラー液晶とキー操作パネル」の採用。
  • 16Hzから16kHzまでのオクターブバンド実時間分析、12.5Hzから20kHzまでの1/3オクターブバンド実時間分析が可能。(オクターブ、1/3オクターブバンド同時測定時、オクターブバンドは8kHz、1/3オクターブバンドは12.5kHzまで)
  • 測定結果はメモリカード(CFカード)にテキストファイルで直接記録。
  • コンピュータとの通信にUSBを利用(ストレージ対応)。
  • 専用USBプリンタへの印字が可能。
  • 赤外線リモコンにより、本体に触れることなく遠隔操作で制御が可能(オプション)。
  • コンパレータ出力はオープンコレクタで、外部機器の制御が可能。
  • 外部機器からも制御が可能なトリガ入力端子を装備。
  • 各種プログラムカードによる機能拡張。
na-28-ana-28-b

精密騒音計 NA-28(1/3オクターブ分析機能付)【リオン】の仕様

型式承認番号第SLF061号
適合規格騒音計:計量法精密騒音計 JIS C 1509-1:2005 クラス1 JIS C 1513:2002 クラス1 JIS C 1514:2002 クラス1 IEC 61672-1:2002 Class 1 IEC 61260:1995 Class 1 ANSI S1.4-1983 Type 1 ANSI S1.43-1997 Type 1 ANSI S1.11-2004 Class 1
測定機能騒音計モードと分析器モードを備え、それぞれにおいてメインチャンネル、サブチャンネルの同時測定を行う。周波数重み付け特性、時間重み付け特性はメインチャンネル、サブチャンネル個別に設定
測定モード
騒音計モードメインチャンネル、サブチャンネルそれぞれにおいて以下の測定項目に示すオールパス値を測定。サブチャンネルではLpeak、Ltm5いずれかを測定
分析器モードメインチャンネルではオクターブ、1/3オクターブバンド実時間分析およびオールパスを測定。サブチャンネルではオールパスのみ測定
測定項目選択された時間重み付け特性、周波数重み付け特性にて全項目を同時測定 (1)時間重み付けサウンドレベル Lp (2)時間平均サウンドレベル Leq (3)音響暴露レベル LE (4)時間重み付けサウンドレベルの最大値 Lmax 最大値はAPMaxとBandMaxが選択可能 (5)時間重み付けサウンドレベルの最小値 Lmin (6)時間率サウンドレベル LN(1から99、1Step)を最大5個 LpもしくはLeq、1secから算出(日本語のときはLpのみ) 騒音計モードのサブチャンネルでは以下のいずれか1つの測定が可能 ピークサウンドレベル Lpeak 時間重み付けサウンドレベル区間内最大レベルのパワー平均値 Ltm5 周波数重み付け特性はサブチャンネルと同様
測定時間1から59秒、1から59分、1から24時間
マイクロホンおよびプリアンプマイクロホン UC-59感度-27dB±2dB(re1V/Pa) プリアンプ NH-23
測定レベル範囲A特性 25dBから130dB C特性 33dBから130dB Z特性 38dBから130dB
直線動作全範囲(A特性、1kHz)25dBから140dB
ピークサウンドレベルの測定上限143dB
自己雑音レベルA特性 17dB以下 C特性 25dB以下 Z特性 30dB以下
測定周波数範囲10Hzから20kHz
分析周波数範囲中心周波数
オクターブ分析16Hzから16kHz(同時分析時は、8kHzまで)
1/3オクターブ分析12.5Hzから20kHz(同時分析時は、12.5kHzまで)
周波数重み付け特性A、C、Z特性
時間重み付け特性
メインチャンネルF、S、10ms
サブチャンネルF、S、10ms、
直線動作範囲
オールパス(A特性)110dB
スペクトル95dB
レベルレンジ
騒音計モードバーグラフ表示範囲 最大100dB 30dBから130dB 20dBから120dB 20dBから110dB 20dBから100dB 20dBから90dB 20dBから80dB
分析器モードバーグラフ表示範囲 90dB 40dBから130dB 30dBから120dB 20dBから110dB 10dBから100dB 0dBから90dB -10dBから80dB
サンプリング周期
Leq、LE、Lmax、Lmin、Lpeak15.6μs(オクターブ、1/3オクターブ同時分析時は20.8μs)
LN100ms
補正機能
防風スクリーン 補正機能防風スクリーン装着時に周波数特性に与える影響を低減する 補正機能のOn/Offはメニュー画面で操作
拡散音場補正機能拡散音場においてANSI S1.4に適合するよう周波数特性を補正。 補正機能のOn/Offはメニュー画面で操作
表示バックライト付きカラーTFT半透過液晶表示器(240×320dots)
更新周期100ms
トリガ測定、メモリストアの開始を制御
レベル1トリガレベル(1dB刻み)を閾値として測定を開始し設定した測定時間 経過後に測定を終了。スロープ +/-を設定
レベル2トリガレベルを超えている間1回のみ測定
外部外部トリガ端子のロジックレベルの立ち下がり信号を検出し開始
時刻スタート時刻とトリガ発生の繰り返しインターバルを設定
遅延時間スタートキーが押されてから、測定開始またはトリガの監視までの時間を設定
設定時間0から10sの範囲で1s刻みで設定
直前データ除去機能ポーズキーで測定を一時停止し、その時点から5秒間戻りデータを演算から除外
ストアマニュアルストアまたはオートストアモードで騒音レベル値や演算結果を記録。 ストアは内部メモリもしくはCFカードのいずれかに記録。内部メモリは、1ブロックを有し、マニュアルストア、オートストア1、2のいずれかひとつを選択可能
マニュアルストア手動で1アドレスずつ測定結果を測定開始時刻とともに記録
記録データ数内部メモリ最大1,000組
CFカード最大1,000組を1ストア名として、100ストア名保存可能
オートストア測定結果を設定した時間間隔で連続記録(記録中に発生した事象に対して識別ができるよう4種類のマーカ情報の付加が可能)オートストア中のポーズは不可
オート1
測定時間最長1,000時間(CFカード使用時の時間、内部メモリ使用時は下記参照)
騒音計モードLp、Leq、Lmax、Lminを一組として100msごとに、CFカードに連続記録 サブチャンネルの測定結果は記録不可
サンプリング周期100ms(Lp、Leq、Lmax、Lmin)のみ
内部メモリ使用時最長3時間
分析器モード各バンドレベルとオールパスの時間重み付けサウンドレベル(Lp)をCFカードに連続記録
メインチャンネルオールパス値と各バンドレベル値
サブチャンネルオールパス値のみ
サンプリング周期1msから1s、Leq、1s
内部メモリ使用時最大10,000個(1sもしくはLeq、1s時に2.7時間)
オート2
騒音計モード測定時間ごとのメインチャンネルとサブチャンネルのオールパスの測定値と 測定開始時刻をCFカードへ連続記録
分析器モード測定時間ごとにメインチャンネルの各バンドレベルとオールパス値、 サブチャンネルのオールパス値と測定開始時刻をCFカードへ連続記録
記録データ数内部メモリ 最大1,000組、CFカード 最大300,000組
データリコールストアデータの閲覧、時間対レベル表示(ただし選択した周波数1バンドのみ)
設定記憶最大5組までの設定を内部メモリに保存し、呼び出しが可能 あらかじめCFカードに保存されたファイルの設定条件で起動可能
プリントアウト専用のUSBプリンタに測定結果を印刷
画面印刷モード表示画面を1枚印刷
メモリ印刷モードメモリの指定されたアドレス範囲のデータを連続して印刷
入出力
交流出力メインチャンネルまたはサブチャンネルのどちらかのオールパス信号を選択して出力
出力電圧レンジフルスケールにおいて1V(実効値)
出力抵抗600Ω
負荷抵抗10kΩ以上
直流出力メインチャンネルまたはサブチャンネルのどちらかのオールパス信号を選択して出力
出力電圧レンジフルスケールにおいて3.0V、25mV/dB
出力抵抗50Ω
負荷抵抗10kΩ以上
コンパレータ出力オープンコレクタ出力。バンドレベルで判定することも可能。端子は外部トリガと兼用
最大印加電圧24V
最大駆動電流50mA
外部トリガ入力0Vから5Vロジックレベルの立ち下がりエッジを検出。端子はコンパレータと兼用
USBPCにはストレージデバイスとして接続するほか、コミュニケーションデバイスクラスを利用し、通信コマンドによる制御も可能(ただし、通信コマンドではストアデータの転送およびストア動作に関わる設定不可)
リモコン受信赤外線リモコンでNA-28の制御(リモコンNA-27RC1、オプション)
電源単2形乾電池×4本、または外部電源使用(ACアダプタNC-94A、付属)
動作時間 (23℃、通常動作時)サブチャンネル、バックライト、交流出力、直流出力、USB通信機能、リモコン機能Off。オートストア未使用時
乾電池R14PU 6時間(マンガン乾電池)、LR14 16時間(アルカリ乾電池)
ACアダプタNC-94A
外部電源電圧5Vから6V(定格電圧 6V)
消費電流230 mA(通常動作、定格電圧時)
使用温湿度範囲-10℃から+50℃、10%RHから90%RH
大きさ・重さ331(H)×89(W)×51(D)mm・約730g(電池含む)
付属品メモリカード(128MB)MC-12CF1×1、収納ケース×1、ソフトケース×1、 ACアダプタ NC-94A×1、防風スクリーン WS-10×1、 BNC-ピン出力コード CC-24×1、ストラップ×1、単2形乾電池(アルカリ)×4
精密騒音計 NA-28 メーカーカタログ

[オプション]全天候型風防セット WS15

全天候型風防セット WS15
・屋外で使用することを目的として、風雑音の減少だけでなく、降雨に対する防水効果が防水性IPX3相当を持ちます。 (ウインドスクリーン取付アダプタWS15006が別途必要) 【ウインドスクリーンの効果】 (周波数重み付け特性 Aの場合) 全天候型風防セット WS15
全天候型風防セット WS15ウインドスクリーンの効果

[オプション]環境計測データ管理ソフトフェア AS-60

環境計測データ管理ソフトフェア AS-60
環境計測データ管理ソフトウェアAS-60は、測定データのグラフ表示、演算処理、除外音処理、報告書作成、ファイル出力および実音ファイルの再生が可能なソフトウェアです。
■簡単操作
■複数データの同時表示・編集
・ 複数地点で測定したデータを同時に表示・編集が可能。
(データの読み込みは最大8データ。グラフの同時表示は最大4データ)
・ 各騒音計のLpモード(Auto1)とLeqモード(Auto2)データを同時に表示。
■データ結合
・電池交換などで分割された測定データを結合し、1つのファイルとして表示・編集が可能(NL-52/42のデータのみ)
■レポート作成
・日報などのレポート作成が簡単。集計したデータの印刷やエクセルファイル・テキストファイルでの出力が可能。

パソコンのスペック
CPUIntel Core2 Duo 2.0 GHz 以上
RAM2 GB以上
画面XGA(1024×768ピクセル)以上、65 536色以上
OSMicrosoft Windows XP Professional 32 bit版、7 Professional 32 bit版、64 bit版
環境計測データ管理ソフトフェア AS-60

騒音測定Q&A

           今すぐ機材が使いたい! 今すぐ価格が知りたい!
           自動見積ボタン..
 
※こんなレンタル機材も一緒にご覧いただいています。
騒音計 NL20振動計 VM53A機械振動計 VM82
もっともシンプルな
普通騒音計
騒音計 NL20
グラフと波形表示の2画面で
CFカード対応
振動計 VM53A
加速度・速度・変位の
3モードに対応
機械振動計 VM82
機材の詳細情報機材の詳細情報機材の詳細情報
○ご質問等ございましたら以下のフォームでお問合わせください。
機材名称
型番
メーカー
お問合わせ内容
 ※以下の項目は全て必須項目になります。
お名前
メールアドレス例)abc@rentalsurvey.jp
お電話番号例)06-0000-0000
会社名例)株式会社メジャー

※個人の方は「個人」とご記入願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをBuzzurl(バザール)に追加Clip to Evernote


 

 


北海道 [ 北海道 ]
東 北 [ 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 ]
関 東 [ 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 ]
信 越 [ 新潟 | 長野 ]
北 陸 [ 富山 | 石川 | 福井 ]
東 海 [ 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 ]
近 畿 [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]
中 国 [ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 ]
四 国 [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]
九 州 [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]
沖 縄 [ 沖縄 ]
※レンタル価格/料金は「レンタル自動見積」ボタンよりご確認ください。
※中古販売始めました。価格等お問合わせください。見積は無料です。
※本日発送可能です。
※リースはお取り扱いしておりません。
メールお問合わせメールお問合わせ電話お問合わせ電話お問合わせ

メールお問合わせ電話お問合わせ電話お問合わせ