お取引件数など
メジャー レンタルで検索お問合せください。
measuringロゴ 全国配送します。 当日発送可能 
measuringロゴ

measuringロゴ
メニュー

定期設備点検


製品の品質を確保するためには、設備の点検・検査が重要となってきます。
工場にとっては、生産に使用する機械が一番重要です。
通常は、日々の点検。・修理による設備保全を行いますが、機械が稼働中に
検査ができない場所などは、年末年始のように特別な休みがある場合に行うことが
多いようです。
設備点検に適した必要な機器をご案内しております。



機械設備の点検


機器の振動、音、表面温度等の異常を感覚ではなく、具体的数値化や可視化することにより故障診断、事前部品交換の有無の判断ができます。

  • ○設備機器のモーター、ギア、軸受、ファンなどの異常振動の周波数を分析することにより振動源を特定することができます。
    周波数分析付振動計がおすすめ ⇒ 振動分析計 VA-12
    http://www.measuring.jp/sou0904.html
     
  • ○機器の内部異常や回転部分の異常摩擦による機器表面温度を感覚ではなく、非接触で正確な温度を瞬時測定表示できます。
    赤外線放射温度計がおすすめ ⇒ 放射温度計
    http://www.measuring.jp/kis/kis05
     
  • ○ベルトの張りは、機器の回転効率にも大きな影響を及ぼします。
    感覚ではなく、ベルトの振動波形を検知して、正確な張力値を表示します。
    音波式張力計がおすすめ ⇒ ベルト張力計 U508
    http://www.measuring.jp/hih1102.html
     
  • ○設備機器の異常音は、人の耳では聞き分けるは困難で、騒音計による音の大きさによる異常の判断を行います。
    更に、周波数分析をその場でできる機種により、騒音源を特定しやすくなります。
    周波数分析付騒音計がおすすめ ⇒ 精密騒音計 VA-28
    http://www.measuring.jp/sou0108.html
     
  • ○設備機器の内部点検は、分解目視確認の他に、鮮明映像によるファイバースコープが素早い状態確認を可能にします。
    カメラ径がなんとφ2.4mmの細さで、機器の細部まで点検できます。
    デジタル工業用内視鏡がおすすめ ⇒ 工業用ビデオスコープIPLEX TX
    http://www.measuring.jp/hih1311.html
     

電気設備の点検


電気設備、配線の老朽化等による漏電、断線、付加による電力量のアップは、設備機器への負担や生産効率が下がる原因になります。素早く、確実に不良個所の診断、修復が必要になります。

  • ○配線の接続部の接触不良や、老朽化による負荷部分を離れた場所から、表面温度の異常を確認して、不良個所を探すことができます。
    生外線サーモカメラがおすすめ ⇒ サーモトレーサTH7800N
    http://www.measuring.jp/kis0409.html
     
  • ○電気設備の不具合による、電圧低下や瞬停の有無を連続データを取ることにより、結果から対策と修復の計画を立てることができます。
    電源を無人監視できる機器がおすすめ ⇒電源品質アナライザー3196
    http://www.measuring.jp/kei0106.html
     
  • ○配電盤から、各設備につながる配線は、複雑に絡まっていることが多く、短絡等の位置や目的線を識別することは、大変な作業となります。
    ハンディなケーブル探索機がおすすめです ⇒ ケーブル探索機2011サーキットシーカー
    http://www.measuring.jp/hih0304.html
     

空調設備/配管内点検


各種プラントの冷却水配管、水道管、ボイラ給水配管、冷暖房の温冷水配管等の各種配管の状態調査は、タイミングに適した機器が必要になります。

  • ○外側からはわからない内部の腐食、つまり、汚れ状態をカメラで確認できて、動画や写真に記録を残し、修繕計画を立てることができます。
    リアルタイムに画像が見れる管内カメラがおすすめ ⇒ 管内検査カメラ
    http://www.measuring.jp/hih/hih14
     
  • ○液体常に流れる配管内部は、年数による内壁の汚れの原因より流速が落ちて流量の低下になりポンプ効率の低下、付加となります。
    現場で、簡単に配管の外側にセンサーを設置して、流速による流量が測定できます。
    ポータブル流量計がおすすめ ⇒超音波流量計
    http://www.measuring.jp/tan/tan05
     
  • ○配管の内部の錆は、外側からは見えないため、切断しての目視は設備の修復が必要になり効率が悪くなります。
    管の肉厚を計測することにより、内部の錆の状態が推測できます。
    ハンディな厚さ測定器はおすすめ ⇒ 超音波厚さ計
    http://www.measuring.jp/tan/tan02
     
  • ○工場敷地内の地中配管は、図面もないことが多く、配管の位置を特定するのも大変です。
    地表面から配管の位置を確認できる機器で、無駄のない掘削作業が可能です。
    埋設管の位置を探査できる機器がおすすめ ⇒ 鉄管ケーブル探知器
    http://www.measuring.jp/hih0301.html
     

定期設備点検でお悩みならプロに相談!!メールでのお問合せ


 

 


北海道 [ 北海道 ]
東 北 [ 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 ]
関 東 [ 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 ]
信 越 [ 新潟 | 長野 ]
北 陸 [ 富山 | 石川 | 福井 ]
東 海 [ 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 ]
近 畿 [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]
中 国 [ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 ]
四 国 [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]
九 州 [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]
沖 縄 [ 沖縄 ]
※レンタル価格/料金は「レンタル自動見積」ボタンよりご確認ください。
※中古販売始めました。価格等お問合わせください。見積は無料です。
※本日発送可能です。
※リースはお取り扱いしておりません。
メールお問合わせメールお問合わせ電話お問合わせ電話お問合わせ
メールお問合わせメールお問合わせ電話お問合わせ電話お問合わせ