デジタル酸素濃度計(ミニ検)XO-326IISA レンタル

デジタル酸素濃度計(ミニ検)XO-326IISAは、作業時の酸素欠乏症防止の安全管理の為に酸素濃度を測定する検知器です。乾電池で約15000時間の使用が可能です。5mのセンサーケーブルが付属しています。
デジタル酸素濃度計(ミニ検)XO-326IISA
機材名称デジタル酸素濃度計(ミニ検)
型番XO-326IISA
メーカー新コスモス電機
今すぐ機材が使いたい! 今すぐ価格が知りたい!
自動見積ボタン 
比較表酸素測定Q&A
機材名称デジタル酸素濃度計(ミニ検)
型番XO-326IISA
メーカー新コスモス電機

 

今すぐ機材が使いたい! 今すぐ価格が知りたい!
自動見積ボタン
比較表酸素測定Q&A
メールでのお問合せ

○単3型アルカリ乾電池2本で約15000時間の連続使用が可能!
○マンホールやタンクなどでのリアルタイム監視に。
○酸欠の恐れのある場所の作業前安全確認に最適です。

デジタル酸素濃度計(ミニ検)XO-326IISAのレンタル事例

  • マンホールやタンク内、トンネル工事、シールド工事などの工事現場作業の酸欠防止に
  • 船舶、船底内作業の酸欠防止
  • 製造メーカー、プラント工事の酸欠防止作業に
  • 地下ピット内、洞窟、空胴調査の酸欠防止対策、安全管理に

デジタル酸素濃度計(ミニ検)XO-326IISA【新コスモス電機】の特徴

  • 約15000時間の連続使用が可能
    単3形アルカリ乾電池2本で約15000時間の連続使用が可能。
    電池交換の回数を大幅に低減させました(当社従来品比)。
  • 自動エアー調整機能を搭載
    電源を投入後、自動的に21.0vol%調整を行います。
  • わかりやすい警報機能
    わかりやすい音とランプで警報をお知らせ。同時にLCD画面のバックライトも点灯します。また、バイブレーション機能*1を追加したタイプもラインナップしています。
  • 表示が見やすい大きなLCD画面センサはお客さまの手元で簡単に交換可能。
    ランニングコストも低減します
  • JIS T 8201:2010 酸素欠乏測定用酸素計適合品

デジタル酸素濃度計(ミニ検)XO-326IISA【新コスモス電機】の仕様

型式XO-326IIsA
コード長5m(本体巻取式)
検知対象ガス酸素
検知原理隔膜ガルバニ電池式
採取方法拡散式
指示表示LCDデジタル3桁
検知範囲(サービスレンジ)0〜25.0vol%(25.1〜40.0vol%)
指示精度*2士0.5vol%以内
警報設定値1段目:19.5vol% 2段目:18.0vol%
警報方式1段目警報:長いブザー断続音、LCD表示点滅、警報ランプ点滅、バイブレーション*1
2段目警報:短いブザー断続音、LCD表示点滅、警報ランプ点滅、バイブレーション*1
エアー調整不能、電池切れ、機器異常:連続音、LCD表示、警報ランプ点滅、バイブレーション*1
応答時間*390%応答 20秒以内
使用温湿度範囲-10〜+40℃、30〜85%RH以下(但し、結露なきこと)
電源単3形アルカリ乾電池2本*4
連続使用時間*5約15000時間
防爆構造*6ExiaHCT3(本質安全防爆構造)
外形寸法66mm(W)× 29mm(D)× 170mm(H)
重量約340g(レーザーケース、電池を含む)
*1 指定要。 *2 同一測定条件による。
*3 周囲温度は20±2℃の状態とする。
*4 防爆規格の適用より、使用できる電池のメーカー指定がございます。(パナソニック製LR6)
*5 20℃、無警報、バックライト消灯にて。また環境条件、使用条件、保存期間、電池メーカーなどによる異なる場合があります。
*6 レーザーケース装着の場合

デジタル酸素濃度計(ミニ検)XO-326IISA【新コスモス電機】の簡易取扱説明書

【デジタル酸素濃度計(ミニ検)XO-326IISAの使用方法】
  • 1、準備
  • (1)XO-326 II sAは防爆仕様となります。
  • (2)XO-326 II AとXO-326 II sAは、レザーケースの文字が異なります。XO-326 II Aは銀文字、XO-326 II sAは金文字で表記されています。
  • (3)電池は必ずメーカー指定の電池「パナソニック社製LR6電池」をご使用ください。
  • (4)電源をいれます。
  • (自動でエアー調整が開始されます。新鮮な大気中で電源をONにしてください)
  • (5)電源スイッチを長押しして電源をONにします。
  • (6)3,2,1のカウントが始まりますので、カウントが終わったら指を離してください。
  • (7)測定中画面に切り替わるまで自動でエアー調整が行われます。
  • (8)これで計測が可能になりました。現地で計測を開始してください。
  • (9)使用終了の際は電源スイッチを長押ししてOFFにしてください。
  • (10)画面に「OFF」が表示された後、電源が切れます。
  • 2、センサ延長ケーブルLC-3-5の接続方法
  • (1)センサ延長ケーブルは輪のように繋がった状態で収納されています。
  • (2)接続されている輪の両端部分を取り外します。
  • (3)延長用センサケースの根元を持って、アダプタキャップを反時計方向へ回して外し、中に刺さっているアダプタ端子を取り外してください。
  • (ケーブルを持って引っ張らないようご注意ください)
  • (4)本体からセンサユニットを抜き取ってください。
  • (5)XO-326 II SA本体の電源がOFFになっている事を確認してください。
  • (6)センサユニットの根元を持ってセンサキャップを反時計方向へ回して外します。
  • (7)中に刺さっている酸素センサを抜き取ってください。
  • (8)本体の酸素センサを抜き取った個所に延長ケーブルのアダプタ端子を接続します。
  • (9)その際、アダプタ端子のピンと挿入部の向きを確認してください。
  • (ピンと挿入部は中心からズレているので取り付け向きに注意)
  • (10)センサ延長ケーブルの先端に本体から取り外した酸素センサを取り付け、アダプタキャップを締め込みます。
  • (11)その際、アダプタ端子のピンと挿入部の向きを確認してください。
  • (12)共に中心から少しズレており、噛み合う様に接続されます。
  • (ピンと挿入部は中心からズレているので取り付け向きに注意)
  • 3、測定
  • (1)電源を入れます。
  • (2)電源スイッチを長押ししてONにします。
  • (自動でエアー調整が開始されます。新鮮な大気中で電源をONにしてください)
  • (3)3,2,1のカウントが始まりますので、カウントが終わったら指を離してください。
  • (4)測定中画面に切り替わるまで自動でエアー調整が行われます。
  • (5)これで計測が可能になりました。現地で計測を開始してください。

  • デジタル酸素濃度計(ミニ検)XO-326IISAのカタログ
    デジタル酸素濃度計(ミニ検)XO-326IISAの取説


               今すぐ機材が使いたい! 今すぐ価格が知りたい!
               自動見積ボタン..
     

    お客様の声

    ・プラント工場 薬剤タンクの槽内作業時、酸欠防止対策

    特に問題なく使用できました。

    ・地下ピット内の現場調査

    初めて利用させていただきましたが、丁寧な対応をしていただきありがとうございました。

    ・タンク内のドライアイス洗浄に酸素濃度計を使用いたしました。

    密閉空間でドライアイスを使用するため作業には酸素濃度計での数値チェックが必要となります。

    ○ご質問等ございましたら以下のフォームでお問合わせください。
    機材名称
    型番
    メーカー
    お問合わせ内容
     ※以下の項目は全て必須項目になります。
    お名前
    メールアドレス 例)abc@rentalsurvey.jp
    お電話番号 例)06-0000-0000
    会社名 例)株式会社メジャー

    ※個人の方は「個人」とご記入願います。


    ##### yuu0111


     

      

     


    北海道 [ 北海道 ]
    東 北 [ 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 ]
    関 東 [ 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 ]
    信 越 [ 新潟 | 長野 ]
    北 陸 [ 富山 | 石川 | 福井 ]
    東 海 [ 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 ]
    近 畿 [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]
    中 国 [ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 ]
    四 国 [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]
    九 州 [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]
    沖 縄 [ 沖縄 ]...
    ※レンタル価格/料金は「レンタル自動見積」ボタンよりご確認ください。
    ※中古販売始めました。価格等お問合わせください。見積は無料です。
    ※本日発送可能です。
    ※リースはお取り扱いしておりません。