排ガス計レンタル一覧 (比較表/特徴)

排ガス計は、ボイラや工業炉の燃焼排ガスの成分、ガソリン/ディーゼル自動車排ガス、NOx等を測る測定器です。温水ボイラ、蒸気ボイラ、温風発生機、ファーネス、各種工業炉、吸収式冷温水発生機、コージェネレータ、自家発電装置、熱媒ヒータ、焼却炉、ガス湯沸器、石油給湯器、ガス・石油ストーブや自動車排ガスの分析に利用されています。
排ガス計のレンタルなら、多種多様にレンタル機材が揃う株式会社メジャーへ。全国対応および当日発送可能、最短では翌日から手軽に機材をご利用できます。機材のお問合わせ、市販されている機種、価格、機能など何でもご相談ください。

※排ガス計のレンタル機材は4機種ございます。

排ガス計の比較表

名称
(型番)
燃焼排ガス分析計
HT-1600N
燃焼排ガス分析計
HT-2300
自動車排ガス測定器 MEXA-584
ホダカ ホダカ  
測定範囲上段
精度下段
【O2
0から21.0vol%
±0.2vol%
【O2
0から20.9vol%
±0.2vol%
【O2
0.00から25.00% vol
【CO】
0から10000ppm±20ppm以下(0から400ppm)計測値の±5%以下(400ppmから)
【CO】
0から10000ppm±20ppm以下または計測値の±5%
【CO】
0.00から10.00% vol
【NO】
0から4000ppmスパンスケールの±1%以内
【NO】
0から1000ppm±5ppmまたは計測値の±5%
---
【HC】
 -
【HC】
 -
【HC】
0から10,000ppm volまたは0から20,000ppm vol(ノルマルヘキサン換算)
【排ガス温度】
標準プローブ:0から650℃
高温プローブ:0から950℃±1℃以下(0から100℃)
【排ガス温度】
0から650℃±2℃以下(0から100℃)計測値の±2%以下 (100℃)
---
【圧力】
±20hpa±0.03hpa以下(-1.5+1.5hpa)計測値の±2%以下(絶対値で1.5hpa以上)
【圧力】
±100hpaF.S±2%以下
---
データ記録容量 50データ 100データ ---
使用温度 5から40℃ 0から45℃ 周囲温度:0から45℃(OIML準拠の場合、5から40℃) 湿度:相対湿度90%以下 気圧:80から106kPa
寸法 150×200×68 80×210×60 260×357×157
重量 約1.5kg 約680g 約4kg
電源 専用バッテリ/AC100V 専用バッテリ/AC100V AC100から240V、50/60Hz、単相
特徴 ボイラだけではなく液体・気体・固体燃料の排ガス分析のほとんどの用途で使用できます。 ハンディタイプ COセンサは、H2補償付 4項目/8項目切替表示機能(排ガス計測時) 国土交通省自動車検査用機械器具技術基準に適合
用途 温水ボイラ、蒸気ボイラ、 温風発生機、ファーネス、各種工業炉、吸収式冷温水発生機、コージェネレータ、自家発電装置、熱媒ヒータ、焼却炉、ガス湯沸器、石油給湯器 、ガス・石油ストーブ等の排ガス分析
詳細 機材の詳しい情報 機材の詳しい情報 機材の詳しい情報
ご商談(無料)
お見積りを
すぐにご提示
ご商談 ご商談 ご商談


名称
(型番)
燃焼排ガス分析計
testo350J
テストー
掲載されている商品は一部です。ご希望の製品がない場合、お気軽にお問合せ下さい。
 
お問合せはこちら
概要 燃焼排ガス分析計 testo350Jは、JISに適合した環境計測用モデルです。大気汚染防止法で測定が必要とされるNOx、SO2、CO2測定を標準モデルから環境計測に必要なレンジ範囲に絞ったJIS規格に適合した仕様です。起動後わずか30秒で測定を開始でき、1台で6ガス成分の同時測定が可能です。
詳細 機材の詳しい情報
ご商談(無料)
お見積りを
すぐにご提示
ご商談



メールでのお問合せ

排ガス計の特徴
(詳細な情報は「機材の詳しい情報」ボタンを押下してご覧ください。)


 

燃焼排ガス分析計 testo350J (テストー )

No.1

燃焼排ガス分析計 testo350J

燃焼排ガス分析計 testo350J
自動見積ボタン
自動見積ボタン
機材の詳しい情報
機材の詳しい情報


燃焼排ガス分析計 testo350Jの特長

・JIS規格適合:O2、NOx、SO2、CO2
・起動後30秒で測定開始可能(CO2測定時の暖機時間は15分です)
・1台でO2、CO、NO、NO2、SO2、CO2を同時測定:標準搭載以外のガスセンサをオプションで追加し、最大6ガスのリアルタイム測定が可能です。
・ドレンタンクと前処理装置は本体内蔵
・Bluetooth通信で遠隔からの操作・閲覧が可能
・NO2実測のため、より正確なNOx測定が可能
・質量約5Kgと超計量で持ち運びに便利
・ユーザー自身で簡単にセンサ交換が可能

燃焼排ガス分析計 testo350Jの測定項目

・JIS B 7981:2002 ― 排ガス中の二酸化硫黄自動計測システム及び自動計測器(SO2:定電位電解法)
・JIS B 7982:2002 ― 排ガス中の窒素酸化物自動計測システム及び自動計測器(NOx:定電位電解法)
・JIS B 7983:1994 ― 排ガス中の酸素自動計測器(O2:ガルバニ電池方式)
・JIS B 7986:2006 ― 排ガス中の二酸化炭素自動計測器(CO2:赤外線吸収式
メーカー:テストー

燃焼排ガス分析計 testo350Jの測定項目

・JIS B 7981:2002 ― 排ガス中の二酸化硫黄自動計測システム及び自動計測器(SO2:定電位電解法)
・JIS B 7982:2002 ― 排ガス中の窒素酸化物自動計測システム及び自動計測器(NOx:定電位電解法)
・JIS B 7983:1994 ― 排ガス中の酸素自動計測器(O2:ガルバニ電池方式)
・JIS B 7986:2006 ― 排ガス中の二酸化炭素自動計測器(CO2:赤外線吸収式

メーカー

テストー
※機材の詳しい情報より
詳細情報をご覧下さい。
 

自動車排ガス測定器 MEXA-584L (堀場製作所 )

No.2

自動車排ガス測定器 MEXA-584L

自動車排ガス測定器 MEXA-584L
自動見積ボタン
自動見積ボタン
機材の詳しい情報
機材の詳しい情報


自動車排ガス測定器 MEXA-584Lの特長

・ツースピードアイドルテストに対応可能。(オプション)
・軽量・コンパクト
・自己診断機能を装備し、シンボルマークでわかりやすく表示。
・RS-232Cによるデジタル入出力に対応。
・校正も簡単操作!

自動車排ガス測定器 MEXA-584Lの測定項目

排ガス
メーカー:堀場製作所

自動車排ガス測定器 MEXA-584Lの測定項目

排ガス

メーカー

堀場製作所
※機材の詳しい情報より
詳細情報をご覧下さい。
 

燃焼排ガス分析計 HT1600N (ホダカ )

No.3

燃焼排ガス分析計 HT1600N
燃焼排ガス分析計 HT1600N
自動見積ボタン
自動見積ボタン
機材の詳しい情報
機材の詳しい情報



燃焼排ガス分析計 HT1600Nの特長

排ガス分析
温水ボイラ、蒸気ボイラ、温風発生機、ファーネス、各種工業炉、吸収式冷温水発生機、コージェネレータ、自家発電装置、熱媒ヒータ、焼却炉、ガス湯沸器、石油給湯器 、ガス・石油ストーブ等
HT1600Nはボイラや工業炉の燃焼排ガスの成分を計測するために開発された燃焼排ガス分析計です
ボイラだけではなく液体燃料、気体燃料、固体燃料を燃焼する排ガス分析には、ほとんどの用途で使用できます
計測項目は、酸素濃度(O2)、一酸化炭素濃度(CO)、一酸化窒素濃度(NO)、排ガス温度、室内温度、圧力です。また演算項目は、窒素酸化物濃度(NOx)、二酸化炭素濃度(CO2)、燃焼効率、排ガス損失、燃焼空気比等が表示できます。省エネルギー管理計器、環境管理計器としてご使用ください。

燃焼排ガス分析計 HT1600Nの測定項目

排ガス分析
メーカー:ホダカ

燃焼排ガス分析計 HT1600Nの測定項目

排ガス分析

メーカー

ホダカ
※機材の詳しい情報より
詳細情報をご覧下さい。
 

燃焼排ガス分析計 HT-2300(Aセット) (ホダカ )

No.4

燃焼排ガス分析計 HT-2300(Aセット)

燃焼排ガス分析計 HT-2300(Aセット)
自動見積ボタン
自動見積ボタン
機材の詳しい情報
機材の詳しい情報



燃焼排ガス分析計 HT-2300(Aセット)の特長

・超軽量 約680gのハンディタイプ。
・コンパクトながらNO2センサを搭載しての高精度なNOx精度が可能。
・COセンサはH2補償付。(H2補償とは、H2成分の入ったガスを計測する場合に誤差が生じないようにする補償です。)
・高濃度CO 10%まで計測可能(オプション)。
・COセンサ保護用のパージポンプ内蔵(オプション)。
・バックライト機能を標準搭載。
・4項目/8項目切替表示機能(排ガス計測時)。
・100データ保存できるメモリ機能付。赤外線プリンタの使用が可能。分離型の赤外線プリンタ(HT-1610 オプション)で、データのプリントアウトが可能。
・パソコン用インターフェイス内蔵。計測ソフト Online View2000(HT-2094 オプション)でパソコンでのデータ管理が可能。
・Bluetooth(HT-2333 オプション)でパソコン用計測ソフトOnline View2000にダイレクトにデータ転送が可能。(Bluetoothを使用しない場合はケーブル接続でのデータ転送が可能です)。 
・電源は、充電バッテリーとAC電源の2電源方式。

燃焼排ガス分析計 HT-2300(Aセット)の測定項目

排ガス
メーカー:ホダカ

燃焼排ガス分析計 HT-2300(Aセット)の測定項目

排ガス

メーカー

ホダカ
※機材の詳しい情報より
詳細情報をご覧下さい。


メールでのお問合せ

排ガス計の測定に関するアドバイス

排ガス計の分析が必要な理由

排ガス計というのは名前の通り排ガスの分析ができる機器です。そもそも、なぜ排ガス計は必要で、使い方をしっかり覚えなければいけないのでしょうか?バーナーなどは「炎の状態」を見ればきちんと機能していることが分かります。しかし、排ガスの場合は目に見えないですし、臭いがないものも多いですので、人間の「視覚」「嗅覚」では判断できません。そこで、排ガス系という成分を数値化できる機器が必要になってきます。
排ガス中に二酸化炭素(CO2)、酸素(O2)、窒素(N2)だけが含まれている場合は、完全燃焼していて問題がない状態ですが、これら以外に一酸化炭素(CO)やススが検出された場合、不完全燃焼を起こしていてよくない状態です。そのほかに、公害物質はあるか?という調査の時に二酸化硫黄(SO2)があったら、重油の中に硫黄分という公害物質が出ているということで、的確に対応しなければなりません。
排ガス計は、ボイラーや給湯器などの燃焼機器、工場においても工業炉、と家庭から大きな工場まで、幅広く排ガスの測定に使われています。燃焼状態だけならず、省エネルギー性の判定もできます。一酸化炭素は臭いがなく、吸い込んでも体内に入った感覚はありません。酷い時は命に係わる危険性もあります。私たちの命を守るためにも、計測することは重要なことです。


排ガス計でさまざまな気体の分析値を出す必要性

排ガス計の使い方を身に着ければ、二酸化炭素(CO2)や酸素(O2)、一酸化炭素(CO)などの期待の測定値ができるようになります。これらの評価ができれば、いろいろな対策が講じられるからです。これには物質を完全燃焼させるために必要な最小限の空気量が関係しています。これを理論空気量といいます。しかし、この理論空気量を現実世界で適応させると、燃えない分がどうしても発生しやすくなります。すると一酸化炭素(CO)やススなどの有毒物質がどうしても出てきます。そこで従来は少し多めの空気を流し込んで燃焼させます。この状態で排ガス計を使うと(一酸化炭素)CO濃度は減少しますし、(酸素)O2濃度は増加するはずです。酸素(O2)の濃度が増加すればするほど排気量もおのずと増えてきます。そうなると排ガス損失も多くなっていくわけです。この量を計測し、バーナーの調整を行います。
ちなみにバーナーの調整を行うにあたって、一酸化炭素(CO)濃度は200ppm程度より上にならないようにして、酸素(O2)濃度は6%以下の設定にすると理想的な利用ができます。一酸化炭素(CO)濃度と酸素(O2)濃度を測ることで、空気のコンディションがバーナーが本来の性能を発揮できるようなものかわかります。そのためには、現場の担当者が排ガス計の使い方を知っていなければいけません。
排ガス系は装置で排ガスを利用する場合には必要になりますが、それ以外の場合には、排ガスの温度を測定すれば燃焼効率がどうなっているか推測することは可能です。一般的に、排ガス温度が低ければ、燃焼効率の良い状態にあると考えられています。しかし、例外として、排ガスの酸素(O2)濃度の高い場合、燃焼に関与していない空気が流入している可能性があり、その結果として温度が低くなっているということも考えられます。燃焼と関係ない空気が入っているということは、それだけ燃焼効率は悪化しているわけです。このように排ガス温度を調べたとしても、完璧に判断するのは難しいです。


排ガス温度も測定できる排ガス計の使い方をマスターしよう

現在使われている排ガス系の中には、各気体の濃度だけならず温度も測定できる機能を持っているものがあります。これを利用すればさらに燃焼効率の測定が詳しくできます。保守点検及び安全性を確認する際には、濃度、温度などさまざまな要素を分析できる機器を導入した方がよいでしょう。
多機能性、と聞くと「使い方が複雑で現場のスタッフが使いこなせないのでは?」と懸念する人もいると思います。しかし、近年出ている分析計の中には、使い方が比較的簡単なモデルが出てきています。コンパクトサイズでハンディータイプのものも発売されているので、今までよりも手軽に分析が可能です。さらに最近はハンズフリー、すなわち手で持たなくても計測できる機種も出てきています。カバーの背面にマグネットをつけられる仕様になっているため、ボイラーなどに磁石で貼り付けて使うことができます。このようにいかなるシチュエーションでも使用できるような分析計も出てきています。価格もリーズナブルであり、設備投資をする際にもコストをカットすることが可能です。導入を検討している方は最新鋭の機器を是非チェックお願いします。
※今すぐ超音波測定器を利用したい場合はレンタルが便利です。レンタルなら最短当日発送ができ、到着後、取扱説明書も同封しておりますのですぐご利用できます。使い方がわからない場合は弊社の機材サポートが対応させて頂きます。お気軽にお問い合わせください。
測定器技術資料排ガス測定Q&A

レンタルのまでの流れ

「この場合はどの機材を使えばいいの?」にお答えします! 最短翌日レンタル可能!スピードには定評があります。

排ガス計に関するお問合せ

○ご質問等ございましたら以下のフォームでお問合わせください。
機材名称
型番
メーカー
お問合わせ内容
 ※以下の項目は全て必須項目になります。
お名前
メールアドレス 例)abc@rentalsurvey.jp
お電話番号 例)06-0000-0000
会社名 例)株式会社メジャー

※個人の方は「個人」とご記入願います。


 

  

 


北海道 [ 北海道 ]
東 北 [ 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 ]
関 東 [ 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 ]
信 越 [ 新潟 | 長野 ]
北 陸 [ 富山 | 石川 | 福井 ]
東 海 [ 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 ]
近 畿 [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]
中 国 [ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 ]
四 国 [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]
九 州 [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]
沖 縄 [ 沖縄 ]...
※レンタル価格/料金は「レンタル自動見積」ボタンよりご確認ください。
※中古販売始めました。価格等お問合わせください。見積は無料です。
※本日発送可能です。
※リースはお取り扱いしておりません。