コンクリート締固め検知機能を付加した充填検知システム ジューテンダーII(CIFD-4) レンタル

コンクリート締固め検知機能を付加した充填検知システム ジューテンダーII(CIFD-4)は、充填確認とともに振動加速度を測定して締固めの程度の判定ができます。
コンクリート締固め検知機能を付加した充填検知システム ジューテンダーII(CIFD-4)
機材名称ジューテンダーII
型番CIFD-4
メーカー曙ブレーキ工業
今すぐ機材が使いたい! 今すぐ価格が知りたい!
自動見積ボタン
比較表
機材名称ジューテンダーII
型番CIFD-4
メーカー曙ブレーキ工業



今すぐ機材が使いたい! 今すぐ価格が知りたい!
自動見積ボタン
比較表
メールでのお問合せ


【NETIS登録 No.KT-090011-VE】
○コンクリート充填検知に加え、バイブレータによる振動締固めの確認が行え、コンクリート打設の品質向上が可能です。

コンクリート締固め検知機能を付加した充填検知システム ジューテンダーII(CIFD-4)のレンタル事例

  • 目視が困難な箇所へ打設されたコンクリートの充填および締固め程度の確認
  • 鉄筋や鋼材が過密に設置された構造物に打設されたコンクリートの充填及び締固め程度の確認
  • 高流動コンクリートの流動状況確認(充填時間の確認)

コンクリート締固め検知機能を付加した充填検知システム ジューテンダーII(CIFD-4)【曙ブレーキ工業】の概要

・コンクリートの打ち込み時は、一般に高周波コンクリート棒形振動機による締固め作業が行われることから、単に充填確認のみならず、同時に確実な締固めがなされたか否かを判断するシステムが望まれていました。そこで、すでに発売されている『ジューテンダー』で使用するセンサーを用いて、充填確認とともに振動加速度を測定して締固めの程度の判定を可能とした、 『締固め検知機能を付加したコンクリートの充填検知システム』を開発しました。
・このシステムでは振動デバイス近傍の充填確認と併せ、締固めの程度を確認することができます。これは、従来技術ではコスト面から課題があった締固めの程度を簡易に判定する画期的なシステムであり、コンクリート構造物の品質保証に大きく貢献できるものです。

コンクリート締固め検知機能を付加した充填検知システム ジューテンダーII(CIFD-4)【曙ブレーキ工業】の特徴

1.従来の振動デバイスでコンクリートの充填と締固めの程度の両方を検知。
2.検知したい締固めの程度 *注1 はお客様にて設定可能。(設定された振動加速度閾値を設定された時間だけ超えた場合、画面上に表示)
3.校正用のセンサーや校正コンクリートが必要なく、一つの振動デバイスで空気、不完全な状態(水)、コンクリートの識別が可能。
4.振動デバイスは小型、薄型であるので狭い隙間の充填検知が可能。
5.充填状況はリアルタイムで液晶画面の色の違いでわかりやすく表示し、打ち上がり時間などの記録も可能。
6.振動デバイスのケーブルは延長(約50m)可能なため高所や離れた場所でも検知可能。

注1:本システムは締固めの際のバイブレータの振動を検知するもので、締固めされたコンクリートの強度を保証するものではありません。また、検知される振動の値は目安であり、バイブレータのかけ忘れ防止などにご利用いただけます。締固め状況の最終確認はお客様ご自身にて、ご確認くださいますようお願いいたします。
・高流動コンクリートの流動状況確認(充填時間の確認)

型式CIFD-4(コンクリート締固め検知機能を付加した充填検知システム)
検知方式振動デバイスによる周波数特性検出方式
識別能力空気、不完全な状態(水)、コンクリート、(各種グラウト※お問い合わせください)
締固め振動検知範囲4.8m/S2から150m/S2(参考値:振動デバイスへのコンクリートの振動状況により変化します)
測定チャンネル16ch
表示LCDモニタによるカラー表示
計測時間1chあたり約0.5秒で計測
センサケーブル長さ標準5m、専用延長ケーブルで50mまで可
センサ耐圧(破壊しない)0.3MPa(水圧)
日付機能内蔵時計による年/月/日/時/分/秒
記録イベント数約400イベント
出力データ形式テキスト形式
電源AC90V から 110V【内部データはバックアップ電池内蔵】
PCとの接続USBシリアルケーブル同梱
使用温湿度範囲0℃ から 40℃、5 から 85%(結露なきこと)
標準構成品コンクリート充填検知、ターミナルボックス、データ転送用ソフト、電源ケーブル、ターミナル接続ケーブル、PC接続ケーブル

コンクリート締固め検知機能を付加した充填検知システム ジューテンダーII(CIFD-4)【曙ブレーキ工業】の簡易取扱説明書

【コンクリート締固め検知機能を付加した充填検知システム ジューテンダーII(CIFD-4)の使用方法】
  • 1、測定準備
  • (1)本体とターミナルボックスを「ターミナルボックス接続ケーブル」で接続してください。
  • (ケーブル両端は本体及びターミナルボックスのどちらにも接続可能です)
  • (2)どちらの接続箇所も「ターミナルボックス接続コネクタ」と表記されています。
  • (3)受け側の溝とケーブルコネクタの突起を合わせて接続し、根元のリングを回して固定してください。
  • (4)本体の「電源ケーブル接続コネクタ」に電源ケーブルを接続してください。
  • (5)こちらも受け側の溝とケーブルコネクタの突起を合わせ、根元のリングを回して固定してください。
  • (6)ケーブルのプラグをコンセントに差し込んでください。
  • (必ずアース付きのコンセントに接続してください)
  • (7)ターミナルボックスの任意のチャンネルに振動デバイスを接続してください。
  • (振動デバイスは別途販売品です)
  • (接続したらケーブルがターミナルから抜けないか確認してください)
  • (8)振動デバイスのケーブルは赤と黒に分かれています。
  • (9)各チャンネル赤と黒のターミナルレバーを押し下げ、ケーブル先端を差し込んでレバーを戻してください。
  • (10)振動デバイス先端のセンサーを設置固定してください。
  • (接着剤を使用する際は貼り付けられている両面テープの上に接着剤を足してください)
  • (11)設置固定時センサー中央を押さないよう、四隅をもって押し付けてください。
  • (12)また、ケーブルへ無理な負荷がかからないよう、結束バンド等で固定してください。
  • 2、使用方法
  • (1)本体の電源スイッチを入れてください。
  • (2)コマンドを表示した後、測定画面を表示します。
  • (3)測定範囲を設定してください。
  • (電源を切るとチャンネル1から16の巡回に戻ります)
  • (4)設定しない状態で測定を開始するとCH1からCH6までを巡回して測定します。
  • (5)CH2とCH3を使用する場合はカーソルの上下で、画面右メニューの「測定範囲」を選択し決定を押してください。
  • (6)「測定範囲設定1から」が表示されます。
  • (7)カーソルの上下で「2から」へ変更し決定を押してください。
  • (8)次に、上下カーソルで「3まで」へ変更し決定を押してください。
  • (9)CH2とCH3を巡回する設定になりました。
  • (10)トンネルで使用する場合は、メニューの「しきいち選択」を変更してください。
  • (11)上下カーソルで「しきいち選択」を選択し決定を押してください。
  • (12)初期は「通常」に設定されています。
  • (13)上下カーソルで「トンネル」は変更し、決定を押してください。
  • (しきいちは電源をOFFにすると戻りますので都度変更してください。
  • (13)「測定/停止」を押すと測定を開始します。
  • (状況により締固め検知レベルを変更してご使用ください)
  • (14)振動デバイスが空気中にある場合、赤のみ表示します。
  • (15)水に反応すると黄色が点灯します。
  • (16)コンクリートが充填されると緑が点灯します。
  • (17)バイブレーターの振動を検知すると設定した時間の経過と共に青丸が順に3つ点灯します。
  • (18)測定中、画面切り替えを押すと波形の画面に切り替え表示することができます。
  • (19)波形表示中はチャンネル順に自動で切り替えて表示します。
  • (20)データを保存する場合は、上下カーソルでメニューの「保存」を選択し、決定を押してください。
  • (停止中は保存できません)
  • (データは199まで保存可能です)
  • (1日の作業終了後は、パソコンにデータを転送保存する事をお勧めいたします)
  • (21)保存する毎に画面左上の数値が増えます。
  • (22)測定を停止する際は再度「測定/停止」を押してください。
  • (23)停止中に保存測定結果の呼び出しが可能です。
  • (24)カーソルの上下でメニューの「呼出」を選択、決定を押してください。
  • (25)最後に保存したデータが表示されます。
  • (26)上下カーソルで任意のデータを確認してください。
  • (27)各データを表示した状態で「画面切替」を押すと、波形とデータを切替表示する事ができます。
  • (28)波形表示の際は右カーソルで順に各CHの波形を確認できます。
  • (29)「呼出」を終了する際は左カーソルを押して測定画面に戻ってください。
  • 3、保存測定結果 削除方法
  • (1)削除は一括削除となりますのでご注意ください。
  • (2)停止中の状態で上下カーソルを押して、メニューの「削除」を選択し決定してください。
  • (3)データを削除する旨が表示されます。
  • (4)実行する場合は決定、中止する場合は左カーソルを押して作業をキャンセルしてください。
  • (5)測定を終了する際は電源スイッチをOFFにしてください。

  • コンクリート締固め検知機能を付加した充填検知システム ジューテンダーII(CIFD-4)の取説


               今すぐ機材が使いたい! 今すぐ価格が知りたい!
               自動見積ボタン..
     .
    ○ご質問等ございましたら以下のフォームでお問合わせください。
    機材名称
    型番
    メーカー
    お問合わせ内容
     ※以下の項目は全て必須項目になります。
    お名前
    メールアドレス 例)abc@rentalsurvey.jp
    お電話番号 例)06-0000-0000
    会社名 例)株式会社メジャー

    ※個人の方は「個人」とご記入願います。


    ##### dos2202


     

      

     


    北海道 [ 北海道 ]
    東 北 [ 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 ]
    関 東 [ 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 ]
    信 越 [ 新潟 | 長野 ]
    北 陸 [ 富山 | 石川 | 福井 ]
    東 海 [ 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 ]
    近 畿 [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]
    中 国 [ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 ]
    四 国 [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]
    九 州 [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]
    沖 縄 [ 沖縄 ]...
    ※レンタル価格/料金は「レンタル自動見積」ボタンよりご確認ください。
    ※中古販売始めました。価格等お問合わせください。見積は無料です。
    ※本日発送可能です。
    ※リースはお取り扱いしておりません。