騒音振動レベル処理器レンタル一覧 (比較表/特徴)

騒音振動レベル処理器は、騒音規制法、振動規制法、および騒音に係わる環境基準などで定められた測定方法により測定し、データを処理して統計・演算処理を行います。連続測定が可能です。
騒音振動レベル処理器のレンタルなら、多種多様にレンタル機材が揃う株式会社メジャーへ。全国対応および当日発送可能、最短では翌日から手軽に機材をご利用できます。機材のお問合わせ、市販されている機種、価格、機能など何でもご相談ください。

※騒音振動レベル処理器のレンタル機材は1機種ございます。

騒音振動レベル処理器の比較表

名称 騒音振動レベル処理器
SV76
   
メーカー リオン    
機材写真    
測定機能 最大値、最小値、時間率レベル、パワー平均値    
測定範囲 0から130dB、1から12,500 Hz ± 1 dB    
レベルレンジ 10dBステップ、8段    
動特性 FAST、SLOW、VL    
詳細 機材の詳しい情報    
ご商談(無料)
お見積りを
すぐにご提示
ご商談    




メールでのお問合せ

騒音振動レベル処理器の特徴
(詳細な情報は「機材の詳しい情報」ボタンを押下してご覧ください。)


 

騒音振動レベル処理器 SV76 (リオン )

No.1

騒音振動レベル処理器 SV76
騒音振動レベル処理器 SV76
自動見積ボタン
自動見積ボタン
機材の詳しい情報
機材の詳しい情報



騒音振動レベル処理器 SV76の特長

騒音振動レベル処理器SV76は、騒音計・公害用の振動レベル計を前置機器として、騒音規制法、振動規制法、および騒音に係わる環境基準などで定められた測定方法により、2箇所までの任意の地点における騒音・振動レベルを自動的にかつ同時に測定しデータ処理した後に印字、測定時のレベル波形、演算結果などを液晶表示する統計・演算処理器です。
2チャンネルデータを同時処理/連動動作で多チャンネル同時測定
昼夜にわたる連続測定が可能なレベル処理器です
測定開始・測定終了は月・日・時・分まで任意設定、設定後は全自動測定

騒音振動レベル処理器 SV76の測定項目

---
メーカー:リオン

騒音振動レベル処理器 SV76の測定項目

---

メーカー

リオン
※機材の詳しい情報より
詳細情報をご覧下さい。


メールでのお問合せ

騒音振動レベル処理器の測定に関するアドバイス

騒音振動レベル処理器とは

私たちは生活していく中で、様々な音や振動を感じています。しかし、私たちの身の回りにある音も振動も、ある一線を超えると不快に感じる人が多くなります。そのため、不快な振動や音は法律で取り締まられています。
騒音レベル測定器とは、騒音や振動レベルを法律で決められた測定方法に基づいて、オートで連続して測定し、データを処理し、それを統計・演算処理をする機械です。処理されたデータは紙に印字され、測定時のレベル波形や演算結果などは液晶画面に表示されます。
騒音振動レベル処理器は、騒音計や公害に関して測定する振動レベル計につないで使用します。測定器から入力したデータを処理した後、出力する仕組みです。1台で2か所までの測定が可能で、2台以上連動可能な機種では同時に3か所以上の測定が可能になっています。
騒音振動レベル処理機は3つの部分で構成されています。液晶表示部、操作部、印字部です。本体側面のコネクター部に測定器もしくはデータレコーダーを接続します。レベルレコーダーとの同期もできます。外部機器と接続する際はケーブルが必要で、電源をオフにした状態で行う必要があります。
測定を開始する前には、測定器と本体のレベルを合わせるために校正という作業をしなくてはいけません。校正作業が終了したら、測定間隔やサンプル数、サンプル周期といった測定条件を設定し、測定を始めます。測定開始後は条件の変更は不可能です。最初に測定条件が印字され、液晶表示部に測定画面が表示されると同時に、設定した条件でプリンターに演算結果が表示されます。


騒音や振動に関する規制

公害と言えば、大気汚染や水質汚濁などを想像する方も多いと思いますが、騒音や振動も「感覚公害」と言われます。音は空気の振動ですが、聞く人の受け取り方によって、不快と感じるかどうかは変わってきます。音量が大きい場合はもちろんですが、不快な音質やある方向に注意を呼び掛ける音は騒音と判断されがちです。振動についても予期しない状況で感じたなど、発生時の状況により、同じ大きさでも受ける印象は変わってきます。
人が感覚として感じる大きさを騒音、振動レベルと言い、物理量の騒音、振動と区別しています。環境規制で言う騒音や振動とは、それぞれ騒音レベル、振動レベルのことを意味しています。
騒音や振動は健康や生活環境に多大なる影響を与えるため、さまざまな法令により基準が決められています。中でも騒音や振動の主たる発生源である特定建設作業や特定工場については、周りの生活環境が損なわれないように、騒音規制法という騒音を規制する法律、振動規制法という振動を規制する法律により厳格に規制されています。騒音レベル処理機など測定に使用する機器についても規格が決められており、国の基準に適合したものを使用しなければなりません。
特定建設作業においては、騒音は85dB、振動は75dBが全国一律で基準の値となっております。作業場所の境界線上で測定した騒音や振動が基準値を超えるのは違反となります。これに対し、特定工場などについては施設の種類や規模、時間区分などにより基準値が異なっています。また、対象地域の管轄行政により基準値はさることながら、時間区分、指定地域も違いがあります。
騒音や振動が発生する場所は建設作業や特定の施設だけではありません。一般騒音環境や道路交通騒音に関しては環境基本法に基準が定められており、航空機や新幹線鉄道の騒音に関しては、特別な基準が設定されています。


騒音と振動の測定に使用する機器

騒音や振動は基本的には不要なものであり、あるべきではないものです。特に振動は人体に健康被害をもたらすだけならず、住居や設備といった人工物にも悪影響を与えることがあります。産業の現場では、振動により製品の質が低下したり、事故につながったり恐れも十分に考えられます。これらの事態を回避するためには、騒音や振動を測定し、結果を分析して適正な範囲内に管理しなければなりません。
騒音や振動の測定には、騒音規制法や振動規制法と言った法律や、環境基準と言ったものに定められた測定ができる専用の機器が必要です。騒音の測定には騒音計や振動レベル処理器、振動を測る際は振動レベル計や騒音振動レベル処理機などが使われます。騒音計や振動レベル計をレベルレコーダーにつなぎ、時間の変動を記録、監視することもあります。
騒音計とは騒音レベルと音圧レベルを測定する計測器であり、計量法により特定計量器として指定されている法定計量器です。騒音計は普通騒音計と精密騒音計の2種類があり、測定精度と計測可能な周波数帯の違いにより分けられています。測定の目的と必要な制度を考慮した上で使い分けるのが望ましいでしょう。
振動レベル計とは振動を測る機器であり、振動による人間への影響はどのくらいあるかを評価するものです。一般的にはセンサー部(ピックアップ)と本体(測定結果を表示)で構成されています。振動レベル計も騒音計と同じように、計量法により特定計量器として定められており、6年に1度法定点検を受ける義務があります。メモリーカードに対応の機種では、データの保存もできます。
騒音計や振動レベル計での測定結果は、騒音振動レベル処理機でリアルタイムに公開することも可能です。これらの機器は、工事現場の近隣対策として使われることが多々あります。

レンタルのまでの流れ

「この場合はどの機材を使えばいいの?」にお答えします! 最短翌日レンタル可能!スピードには定評があります。

騒音振動レベル処理器に関するお問合せ

○ご質問等ございましたら以下のフォームでお問合わせください。
機材名称
型番
メーカー
お問合わせ内容
 ※以下の項目は全て必須項目になります。
お名前
メールアドレス 例)abc@rentalsurvey.jp
お電話番号 例)06-0000-0000
会社名 例)株式会社メジャー

※個人の方は「個人」とご記入願います。


 

  

 


北海道 [ 北海道 ]
東 北 [ 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 ]
関 東 [ 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 ]
信 越 [ 新潟 | 長野 ]
北 陸 [ 富山 | 石川 | 福井 ]
東 海 [ 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 ]
近 畿 [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]
中 国 [ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 ]
四 国 [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]
九 州 [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]
沖 縄 [ 沖縄 ]...
※レンタル価格/料金は「レンタル自動見積」ボタンよりご確認ください。
※中古販売始めました。価格等お問合わせください。見積は無料です。
※本日発送可能です。
※リースはお取り扱いしておりません。