振動計 VM53A レンタル

振動計 VM53AはPV-83C(3方向振動ピックアップ)と表示部本体で構成されます。計量法ならびにJIS C 1510:1995に適合した振動レベル計で、振動公害に関する地盤振動の測定を、人体の振動感覚特性で補正した振動レベルとして計測することができます。また、構造物の微振動計測にも応用できます。(メモリカード(Compact FlashTM、以降CFカード)へのデータ保存が可能。)
振動計 VM53A
機材名称振動計(振動測定器)
型番VM53A
メーカーリオン
今すぐ機材が使いたい! 今すぐ価格が知りたい!
自動見積ボタン 
比較表振動測定Q&A
機材名称振動計(振動測定器)
型番VM53A
メーカーリオン

 

今すぐ機材が使いたい! 今すぐ価格が知りたい!
自動見積ボタン
比較表振動測定Q&A
メールでのお問合せ

振動計 VM53Aのレンタル事例

  • 振動ピックアップを地盤や床に置き、振動を検出し、振動加速度レベルで評価
  • 建設作業・工場・道路交通などの振動調査
  • 日常生活の振動被害評価
  • コンクリート基礎の振動調査

振動レベル計 VM53A【リオン】の概要

  • 振動計 VA53Aは計量法ならびにJIS C 1510 :1995に適合した振動レベル計で、振動公害に関する地盤振動の測定を、人体の振動感覚特性で補正した振動レベルとして計測することができ、振動計本体とPV-83C(3方向振動ピックアップ)で構成されています。
  • 二つのバックライト付き液晶画面を採用、大型のメイン液晶に瞬時値を、サブ液晶にはレベル-タイム3方向、または1方向、バーグラフ、メニュー画面などの多彩な表示が可能な振動計です。
  • 3方向(X/Y/Z)独立した信号出力端子を持ち、さらにプリンターやコンピューターとのインターフェース、コンパレータ機能も搭載しているため、多用途の計測システムを構築することができます。
※振動計は出荷前に校正器で校正しております。

振動レベル計 VM53A【リオン】の仕様

メーカー リオン
型式 振動計VA53A (メモリーカード対応)
適合規格 JIS C 1510:1995計量法・振動レベル計(形式承認番号第W031号)
測定機能 振動レベル(Lv)、振動加速度レベル(Lva)、振動レベルまたは振動加速度レベルの最大値ホールド
測定 機能 演算測定 振動レベルまたは振動加速度レベルのパワー平均(LveqまたはLvaeq) 振動レベルまたは振動加速度レベルの時間率レベル(L5,L10,L50,L90,L95) 振動レベルまたは振動加速度レベルの最大値(Lmax)、 最小値(Lmin) 測定機能について、任意の1方向または3方向の演算が可能
測定周波数範囲 振動レベル:1〜80Hz、振動加速度レベル:1〜80Hz
測定レベル範囲 振動レベル:Lv-Z 25〜120dB、Lv-X/Y 30〜120dB 振動加速度レベル:Lva 30〜120dB(0dB=10-5m/s2
自己雑音レベル Lv-Z 19dB以下、Lv-X/Y24dB以下、Lva24dB以下(0dB=10-5m/s2
周波数補正 鉛直振動特性(計量法およびJISによる)、水平振動特性(JISによる)、FLAT特性(JISによる)
レベルレンジ 10dBステップ6レンジ切替、3方向独立 10〜70、20〜80、30〜90、40〜100、50〜110、60〜120dB
リニアリティレンジ 70dB
測定時間 設定された測定時間で演算測定が可能(500秒、10秒、1分、5分、10分、15分、30分、1時間、4時間、8時間、24時間、マニュアル〔最大199時間59分59秒〕)
実効値検出回路 デジタル演算方式、動特性:0.63秒
演算 デジタル方式
演算 サンプリング 周期 78μs(パワー平均、Lmax、Lmin、最大値ホールド) 100ms(Lx)ただし、測定時間500に限りLxは5秒
メモリーカード機能 メモリーカード(コンパクトフラッシュTM、以降CFカード)へのデータ保存が可能 オプションソフトによる拡張機能がCFカードにより対応
ストア機能 マニュアルストア/オートストア1/オートストア2の3種類(内蔵メモリは二次電池により約1.5ヶ月保存可能〔電源OFFの場合〕)
マニュアルストア
ストア時点の振動レベル(Lv)または振動加速度レベル(Lva)と各演算値(LveqまたはLvaeq、Lmax、Lmin、L5、L10、L50、L90、L95)を保存 測定モードが最大値ホールドの場合は最大値ホールドの値と各演算値を保存
CFカード 1ファイル最大100組として複数ファイル保存(CFカード容量の制限による)
内部メモリ 3方向1組として最大100組
オートストア1
振動レベル(Lv)または振動加速度レベル(Lva)の瞬時値を連続ストア ストアのサンプリングは100m秒と1秒から選択タイマーによるスタート時刻/終了時刻の設定が可能
CFカード 最大199時間59分59秒を1ファイルとして複数ファイルの記録が可能(CFカード容量の制限による)
内部メモリ 1方向測定:最大86400個、3方向(X/Y/Z)測定:最大86400個(28800×3方向)
オートストア2
測定時間毎の各演算値(LveqまたはLvaeq、Lmax、Lmin、L5、L10、L50、L90、L95)を1組として連続測定し保存 タイマーによるスタート時刻/終了時刻の設定が可能、インターバルを用いた毎正時連続測定可能
CFカード 1ファイル最大4500組として複数ファイル
内部メモリ 1方向測定:最大4500組、3方向(X/Y/Z)測定:最大1500組
ポーズ 機能 瞬時値測定および演算測定中(オートストア2を実行中)に一時停止/一時停止解除が可能 オートストア1を実行中はマーカーとして機能 Timer Auto1/Timer Auto2ではポーズ機能は無効
コンパレータ機能 振動レベルまたは振動加速度レベルが設定レベル(30〜120dB、1dB刻み)を超えた場合にコンパレータ出力がONになる
コンパレータ 機能 対応 チャンネル メイン画面で設定されている1方向
コンパレータ 出力 オープンコレクタ出力、最大印加電圧:24V
コンパレータ 設定 Delay Time:0〜9秒の1秒刻み、オートリセット:ON/OFF設定可、オートリセットタイム:0〜90秒の間で1秒刻み
時計機能 オートストア1/オートストア2において開始時間/終了時間を設定可能
出力校正用信号 内臓発振器(31.5Hz正弦波)、外部接続機器を校正
交流/直流出力 BNC出力、3方向独立、メニューにより交流出力または直流出力を選択 出力抵抗:600Ω、負荷抵抗:10kΩ以上、交流出力:1Vrms(フルスケール)、 直流出力:2.5V(フルスケール、0.25V/10dB)
プリンタ出力 演算値/リコールデータ/サブ画面の印字出力が可能 演算値:演算中の5秒毎瞬時値データの3方向印字および演算結果印字が可能
インターフェース シリアル通信:通信コマンドによる設定制御やPCおよびプリンタへのデータ出力が可能
表示部 セグメントタイプ(メイン)と128×64ドットマトリクスタイプ(サブ)の2系統表示、バックライト付LCD
表 示 部 メイン 1方向の数値(1秒周期)とバーグラフ(100m秒周期)による瞬時値を常に表示
サブ モードおよび画面切り替えにより下記内容を表示 設定情報表示、3方向測定値表示、レベルタイム表示、演算結果表示、リコールデータ表示、MENU表示
サイドパネル部 EXT DC(6V)、インターフェース用コネクタ(Dsub-9ピンオス)を装備
電 源 単2形乾電池(LR14またはR14PU)4本
電池寿命 アルカリ乾電池(LR14):約35時間 マンガン乾電池(R14PU):約12時間 (常温、3方向の瞬時値測定、バックライトOFF、交流出力の設定、VM-53Aはオプション非作動時)
消費電流 約120mA(DC6Vにおいて)
使用温度範囲 -10〜50℃、90%RH以下
大きさ・重さ 約56(H)×200(W)×175(D)mm・約1kg(電池含む)
振動ピックアップ 3方向振動ピックアップ:PV-83C、基準感度:60mV/m/s2、防水性:JIS C 0920 保護等級7(防浸形)、使用温度範囲:-10〜50℃ 大きさ・重さ:約φ67×40.7(H)mm・約335g
付属品 延長コードEC-02S(3m)×1、単2形乾電池R14PU(マンガン電池)×4、BNCコネクタカバー×3、I/Oコネクタカバー×3、収納ケース×1 VM-53Aのみ:CFカード(64MBコンパクトフラッシュカードMC-64CF)×1

[オプション]分析カード VX-53RT

分析カード VX-53RT
説明
  • 1/1・1/3オクターブ実時間分析カード
  • VM-53Aのみ対応。
  • 振動レベル計本体に1/1・1/3オクターブ実時間分析機能を追加。
メディア Compact FlashTM
適用機種 VM-53A
適合規格 JIS C 1513:2002 クラス1 JIS C 1514:2002 クラス1 IEC 61260:1995 Class1
周波数分析バンド 1/1オクターブバンドフィルタ 1Hz?63Hz(7バンド)、Lva、Lv 1/3オクターブバンドフィルタ 1Hz?80Hz(20バンド)、Lva、Lv
測定モード Inst、Leq、Lmax、L5、L10、L50、L90、L95 選択された1つの測定モードにのみ対応する
メモリ VX-53RTカードへのマニュアルストア 506ファイル(1ファイル最大100データ)
インターフェース シリアル通信、プリンタへの印字が可能
データ保存形式 テキストファイル(CSV形式)表計算ソフトなどで表示や処理が可能
分析カード VX-53RT 分析カード VX-53RTのレンタル自動見積

[オプション]環境計測データ管理ソフトフェア AS-60VM

(振動レベルデータ管理ソフトウェア付き)
環境計測データ管理ソフトフェア AS-60VM
環境計測データ管理ソフトウェアAS-60VMは、測定データのグラフ表示、演算処理、除外音処理、報告書作成、ファイル出力および実音ファイルの再生が可能なソフトウェア(AS-60)に、VM-53Aで測定したデータを扱える機能を追加
■振動レベル計VM-53Aで測定したオートストアデータをコンピュータで管理することが可能。
■読み込んだ測定データのTime-Levelグラフの表示が可能。複数チャンネルの同時表示・グラフの重ね書きも可能。

■簡単操作
■複数データの同時表示・編集
・ 複数地点で測定したデータを同時に表示・編集が可能。
(データの読み込みは最大8データ。グラフの同時表示は最大4データ)
・ 各騒音計のLpモード(Auto1)とLeqモード(Auto2)データを同時に表示。
■データ結合
・電池交換などで分割された測定データを結合し、1つのファイルとして表示・編集が可能(NL-52/42のデータのみ)
■レポート作成
・日報などのレポート作成が簡単。集計したデータの印刷やエクセルファイル・テキストファイルでの出力が可能。

パソコンのスペック
CPU Intel Core2 Duo 2.0 GHz 以上
RAM 2 GB以上
画面 XGA(1024×768ピクセル)以上、65 536色以上
OS Microsoft Windows XP Professional 32 bit版、7 Professional 32 bit版、64 bit版
環境計測データ管理ソフトフェア AS-60VM


振動計 VM53Aのカタログ
振動計 VM53Aの取説


           今すぐ機材が使いたい! 今すぐ価格が知りたい!
           自動見積ボタン..
 
※こんなレンタル機材も一緒にご覧いただいています。
普通騒音計 NL21 機械振動計 VM82 3軸振動計 VM-54
CFカード対応、
オプションでグラフ表示も
普通騒音計 NL21
加速度・速度・変位の
3モードに対応
機械振動計 VM82
3軸振動と手腕振動に対する
暴露の評価に対応
3軸振動計 VM-54(VX-54 WH付)
機材の詳細情報 機材の詳細情報 機材の詳細情報
.
○ご質問等ございましたら以下のフォームでお問合わせください。
機材名称
型番
メーカー
お問合わせ内容
 ※以下の項目は全て必須項目になります。
お名前
メールアドレス 例)abc@rentalsurvey.jp
お電話番号 例)06-0000-0000
会社名 例)株式会社メジャー

※個人の方は「個人」とご記入願います。



 

  

 


北海道 [ 北海道 ]
東 北 [ 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 ]
関 東 [ 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 ]
信 越 [ 新潟 | 長野 ]
北 陸 [ 富山 | 石川 | 福井 ]
東 海 [ 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 ]
近 畿 [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]
中 国 [ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 ]
四 国 [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]
九 州 [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]
沖 縄 [ 沖縄 ]...
※レンタル価格/料金は「レンタル自動見積」ボタンよりご確認ください。
※中古販売始めました。価格等お問合わせください。見積は無料です。
※本日発送可能です。
※リースはお取り扱いしておりません。