メモリハイロガー 8430 レンタル

メモリハイロガー 8430は、10chアナログ絶縁、電圧、電対入力+4chパルス入力装備、活電部の温度測定や、チャネル間の影響を受けにくい絶縁入力のデータロガーです。CFカードへダイレクト収録可能でPC接続でデータを転送も可能です。
メモリハイロガー 8430
機材名称メモリハイロガー
型番8430
メーカー日置電機
今すぐ機材が使いたい! 今すぐ価格が知りたい!
自動見積ボタン
比較表
機材名称メモリハイロガー
型番8430
メーカー日置電機



今すぐ機材が使いたい! 今すぐ価格が知りたい!
自動見積ボタン
比較表
メールでのお問合せ

◎フットワークの軽い、クラス最小・軽量ボディ 絶縁・10 チャネルパーソナルロガー

メモリハイロガー 8430【日置電機】の特徴

・10chアナログ絶縁、電圧、熱電対入力+4ch パルス入力装備
活電部の温度測定や、チャネル間の影響を受けにくい絶縁入力。
・全ch, 10msスキャン方式高速サンプリング
負荷急変に対応した測定の要求に、従来の100msサンプリングでは追いきれない波形にも追従できます。
・CFカードへダイレクト収録可能
長期間の電子データ記録, PC 接続でデータを転送, USB通信端子。
・ワイド& 高輝度液晶採用で抜群の見やすさ
美しいワイドQVGA-TFT 液晶画面で波形を観測。

メモリハイロガー 8430【日置電機】のポイント

・クラス最小の外形寸法
ハンディサイズで持ち運び楽々。その上とても軽量です。 出張カバンのわずかなスペースに放り込んで、お出かけください。寸法質量は176W × 101H × 41D mm, 550 g。

・クラス最高の見やすさ
見やすい高精細大画面。ワイドQVGA-TFT 液晶を採用。 トレンドグラフ、数値データの見やすさが違います。時間軸方向最大20 マス表示により、広い範囲で波形や設定を確認可能です。

8430-b
全チャネル設定画面
全てのチャネルの設定と確認ができます。

8430-c
個別チャネル設定画面
モニタを見ながらレンジや表示位置の設定ができます。

8430-d
観測画面
トレンドグラフや数値表示、縦軸ゲージなど様々なパターンで表示可能です。

メモリハイロガー 8430【日置電機】の機能

8430-e
(1)端子2:トリガ出力
・ トリガがかかったときに信号を出力できます。
・ 本器を複数台使用して、並列トリガ同期運転をすることができます

(2)端子3:外部トリガ入力
・ トリガソースとして外部から信号を入力してトリガをかけることができます。
・ 本器を複数台使用して、並列トリガ同期運転をすることができます。

(3)端子4:警報出力
・ 警報条件が満たされたときに信号を出力
・ 信号出力は本体とGND共通
・ 本体で同時にブザーも鳴らせます
*オープンコレクタ出力 (電圧出力付アクティブLOW)

(4)パルス入力(積算/ 回転数変動測定)
・ 4ch まで入力可能
・ パルス入力は本体とGND共通
・ 電力量積算、流量積算に
*専用入力コードを使用(接続ケーブル9641)
積算0 から 1000M (count)
回転数0 から 5000/n (r/s)

(5)電圧/温度測定(熱電対接続)
・ 10chまで入力可能
・ 全ch 絶縁、M3 ネジ端子
・ 電圧/ 温度はチャネル毎設定可能
※熱電対K, J, E, T, N, R, S, B
電圧± 100 mV から±60 V
電圧1 から 5 V
熱電対K, J, E, T, N, R, S, B
-200 ℃ から 2000 ℃

(6)CFカード(リアルタイム保存)
測定データはCFカードへ、測定ごとにリアルタイムで保存ができます。2Bまでの大容量CFカードに長期の連続記録が可能です。付属ソフトウェアLogger(HIOKI 純正2GBカードまで対応。※一般市販の他社製カードは使えません。)
Utilityでパソコン画面でデータを見る事ができます。

*計装信号4-20mAを記録するには、入力端子(+, -間)に、市販の250Ω抵抗を取付けることで、1-5V信号に変換します。入力レンジは1-5Vレンジ、もしくは10V f.s.レンジを使用します。

メモリハイロガー 8430【日置電機】のポイント

・全チャネルで10msec サンプリング
最近のハイブリッドシステム車など、電子化された自動車の開発においては、負荷の急変に対応した測定が要求されるため、多チャネルを10msec でサンプリングする能力を要求されます。従来の100msec サンプリングでは追いきれない波形にも追従できます。
8430-a
負荷が急変する波形を、10msec(上段)と100msec(下段)でサンプリングした比較例(付属Logger Utilityソフト使用) 5Hzのパルス波形を、10msec(上段)と100msec(下段)でサンプリングした比較例(付属Logger Utilityソフト使用)
・耐ノイズ性の向上
測定部にΔΣ(デルタ・シグマ)型のA / Dコンバータを採用しました。このデバイス特有のオーバーサンプリングによるディジタルフィルタ機能により、従来困難だったインバータ機器のスイッチングノイズや50/60Hz のハムノイズによる影響を減少させることができます。(※ノイズ除去の効果は記録間隔が2 秒より遅いと最大の効果が得られます。)

・アナログ入力10ch 絶縁
電位の異なる測定物の温度、電圧測定などでも心配無用。アナログ入力10ch は全チャネル絶縁されています。
熱電対と電圧入力などを同時に測定しても、干渉や感電の危険がありません。パルス入力4ch は回転パルスを積算したり、回転速度を測定できます。(※パルス入力はGND 共通です。)

メモリハイロガー 8430【日置電機】の仕様

【基本仕様】
入力形式/ チャネル数 アナログ入力: 10ch 絶縁(M3 ネジ締め式端子台) ※ アナログのch 間と本体間は絶縁 入力抵抗: 1MΩ (電圧測定時, 熱電対測定の断線検出OFF 時),800kΩ (熱電対測定の断線検出ON 時) パルス入力: 4ch (接続ケーブル9641専用コネクタ× 1) ※ パルス入力のchは全て本体とGND 共通
アナログ入力条件 最大入力: DC 60V (入力端子間に加えても壊れない上限電圧), 絶縁対地間最大定格: AC 30Vrms, DC 60V (入力ch- 筐体間, 各入力ch 間に加えても壊れない上限電圧)
パルス入力条件 最大入力: DC -5 V から 10 V (入力端子間に加えても壊れない上限電圧), 非絶縁: (入力ch- 筐体間, 各入力ch 間GND 共通) 信号: 無電圧a 接点, オープンコレクタ, もしくは電圧入力 (Hign: 2.5V 以上, Low: 0.9V 以下), 周期200 μs 以上 (H 期間/L 期間とも100 μs 以上)
警報出力条件 非絶縁1ch: 外部制御端子から出力(GND 共通) 条件: 各入力ch 毎, レベル (↑ / ↓), ウィンドウ (IN/OUT)設定し、全部の論理和 (OR) もしくは論理積 (AND) 設定にて,記録間隔ごとに更新出力 信号: オープンコレクタ出力 (電圧出力付アクティブLOW, 出力 電圧範囲: HIGH レベル: 4.0 から 5.0V, LOW レベル: 0 から 0.5V, 最大 シンク電流: DC 5 mA, 最大印加電圧: DC 30 V)
メモリ容量 内部3.5M ワード (7MB, 1 データ=2 バイト, パルスのみ4 バイト) 外部メモリ2GB まで (HIOKI 純正CF カードのみ)
リアルタイム保存 波形をバイナリまたはCSV形式でCFカードにリアルタイム保存 (CSV保存は50msecサンプリング以降, Ver 1.10 以降で可能) 時間ごとに別ファイルへの保存可能, 削除保存機能有, 保存したデータは位置を指定して一度に3.5Mワード (7MB分)を本体に読み込み可能 (1チャネル時, 複数チャネル時はデータ数減少)
バックアップ機能 (25℃ 参考値) 時計, 設定条件用: 5 年以上 測定データ: 満充電バッテリパック9780 を装着して100 時間, またはAC アダプタ装着でバックアップ
外部制御端子 外部トリガ入力/ イベントマーク入力 (排他機能), トリガ出力, 警報出力
表示体 4.3型WQVGA-TFT カラー液晶(480 × 272 ドット)
表示言語設定 Model 8430 : 日本語, 英語 (パネル表記は日本語) Model 8430-20 : 英語, 日本語 (パネル表記は英語) Model 8430-21 : 中国語, 英語, 日本語 (パネル表記は中国語)
外部インタフェース USB2.0 準拠 シリーズミニBレセプタクル × 1 機能: PCからの制御 (Ver 1.00 以降), CFカード内の測定 データをPCへ転送 (Ver 1.10 以降)※WindowsXP, Vista, 7
環境条件 (結露しないこと) 使用温湿度範囲: 0℃ から 40℃ (充電可能温度範囲は5 から 30℃), 80 %rh 以下 保存温湿度範囲: -10℃ から 50℃, 80 %rh 以下
適合規格 Safety: EN61010, EMC: EN61326, EN61000
電源 (1) ACアダプタ9786 使用, AC100 から 240V, 50/60Hz (2) バッテリパック9780 (ACアダプタと併用時はACアダプタ優先) (3) 12V系バッテリ (DC10 から 16V ±10%, 外部バッテリとの接続コードはご相談ください)
最大定格電力 10 VA (12V 系バッテリ使用, 9780を充電中の場合) 30 VA (ACアダプタ使用, 9780を充電中の場合)
連続使用時間 約2.5時間 (9780使用時), 充電時間: 約200分 (本体周囲温度が5 から 30℃ でのみ充電開始)
外形寸法・質量 外形寸法・質量約176W × 101H × 41Dmm, 550g (本体のみ)
付属品 取扱説明書× 1, 測定ガイド× 1, アプリケーションディスク (Logger Utility) × 1, USBケーブル× 1, ACアダプタ9786× 1, ストラップ× 1, 保護シート9809× 1
【トリガ機能】
トリガソース (各chごとに条件設定可能) アナログ入力全チャネル, パルス入力P1 から P4, 外部トリガ, 各トリガソースの論理和(OR), 論理積(AND)
外部トリガ 条件: 外部トリガ入力とGND 間短絡, または電圧入力 ([HIGH: 3.0V から 5V] から [LOW: 0 から 0.8V} への立ち下がり) 応答パルス幅: H 期間1ms 以上, L 期間2μs 以上 最大入力: DC -2 から 7V
トリガタイミング 開始, 停止, 開始&停止 (開始と停止は別々のトリガ条件に設定可能)
トリガ種類 (アナログ, パルス) レベル: 設定したレベル値の立上がり, 立下がり ウインドウ: トリガレベル上限値と下限値を設定, 範囲内を出たとき, 入ったとき
トリガレベル分解能 アナログ: 0.025% f.s. (f.s.=10マス) パルス: 積算1count, 回転数1/n [r/s] (n: 1回転あたりのパルス数)
その他 プリトリガ: (トリガ以前の記録, リアルタイム保存時も設定可能) トリガ出力: オープンコレクタ (電圧出力付アクティブLOW, パルス幅10ms 以上, 出力電圧範囲: HIGHレベル: 4.0 から 5.0V, LOWレベル: 0 から 0.5V, 最大シンク電流: DC 5mA, 最大印加電圧: DC 30V))
【測定設定】
記録間隔 (サンプリング周期) 10ms から 1hr, 19設定 ※ 記録間隔ごとに全入力チャネルを高速スキャン
グラフ横軸 100ms/マス から 1day/マス, 21設定 ※ 記録間隔とは別設定
繰り返し記録 ON (記録時間分の測定を繰り返す), OFF
記録時間 連続記録ON (停止キーを押すまで連続記録), 連続記録OFF (日, 時, 分, 秒,で記録時間を指定)
タイマー記録 ON (開始/ 停止/ 間隔を指定して測定), OFF
自動保存 CF カードにデータ保存ON, OFF 波形 (測定しながらリアルタイムにデータ書き出し), 演算 (測定終了後にデータ書き出し), 波形+ 演算 (測定しながらリアルタイムにデータ書き出し, 測定終了後に演算値書き出し)
保存方法 波形または波形+ 演算保存 ON 時 削除保存 (CFカード容量が一杯になった場合, 一番古い波形を破棄して新しい波形を保存), 分割保存: ON (分割する時間を日, 時, 分,で指定) 分割保存: 定時 (24時間の間で基準時刻を設定/その時刻から一定時間ごとにデータを区切ってファイルを作成)
設定保存/ 呼出し CF カードまたは内部メモリに設定保存/ 呼出し可能 内部メモリ(10 種), CFカード (制限無し)
数値演算 演算1から演算4, 同時演算可能, 内容: 平均値, ピーク値, 最大値, 最小値, 最大値の時間, 最小値の時間
フィルタ設定 50Hz / 60Hz (高周波成分を取り除くため, アナログチャネルに ディジタルフィルタを設定可能), OFF
【CH設定】
チャネル設定 測定のON/OFF, 波形の色を設定可 アナログ入力10ch: 電圧( 直流のみ), 温度 ( 熱電対のみ) K, J, E, T, N, R, S, B パルス入力4ch: 積算, 回転数 警報出力1ch: 警報保持/ 非保持, ブザーON/OFF,警報波形の表示ON/OFF
測定対象 レンジ 測定可能範囲 最高分解能
電圧 100mV f.s. -100mV から +100mV 5μV
1V f.s. -1V から +1V 50μV
10V f.s. -10V から +10V 500μV
20V f.s. -20V から +20V 1mV
100V f.s. -60V から +60V 5mV
1 - 5V ※ 1V から 5V 500μV
測定確度: ±0.1% f.s. ( ※1 - 5V レンジのf.s. は10V)
測定対象 レンジ レンジ測定可能範囲 最高分解能
温度 ( 熱電対) K, J, E, T, N 2000℃ f.s. -200℃ から 2000℃ 0.1℃
熱電対別の測定可能範囲: (K) -200℃ から 1350℃, (J) -200 ℃ から 1200℃, (E) -200℃ から 1000℃, (T) -200℃ から 400℃, (N) -200℃ から 1300℃ 温度測定確度: ±2℃
温度 ( 熱電対) R, S, B 2000℃ f.s. -200℃ から 2000℃ 0.1℃
熱電対別の測定可能範囲: (R) 0℃ から 1700℃, (S) 0℃ から 1700℃, (B) 400℃ から 1800℃ 温度測定確度: ±4.5℃ (400℃ 未満), ±3℃ (400℃ 以上)
温度測定付随機能 基準接点補償INT ( 本体内部で零℃接点補償): 測定確度=温度測定確度+ 基準接点補償確度 基準接点補償EXT ( 外部零℃接点補償器を使用する場合):測定確度= 温度測定確度のみ 基準接点補償確度: ±1℃ 断線検出: ON/OFF
測定対象 測定対象レンジ 測定可能範囲 最高分解能
パルス(積算) 1,000M (count) f.s. 0 から 1,000M (count) 1 (count)
積算モード: 加算 (開始してからの積算値), 瞬時値 (記録間隔間隔ごとの瞬時値)
パルス(回転数) 5,000/n (r/s) f.s. 0 から 5,000/n (回転/ 秒) 1/n (回転/ 秒)
1回転当たりのパルス数設定: 1 から 1,000 (上記"n", センサから出力される1 回転あたりのパルス数を設定)
スロープ設定 ↑ (パルスが L から H になる回数), ↓ (パルスが H から L になる回数)
表示範囲 位置/ 上下限値で設定 (積算は上下限のみ)
CH 設定共通機能
スケーリング 小数 ( 小数で表示), 指数 (10 のベキ乗で表示), OFF 条件: 比 ( 傾きと切片で設定), 2点 (2 点の入出力の値で設定)
チャネル設定共通 各チャネル別コメント入力, 開始トリガ/停止トリガ設定,警報条件設定

           今すぐ機材が使いたい! 今すぐ価格が知りたい!
           自動見積ボタン..
 .
○ご質問等ございましたら以下のフォームでお問合わせください。
機材名称
型番
メーカー
お問合わせ内容
 ※以下の項目は全て必須項目になります。
お名前
メールアドレス 例)abc@rentalsurvey.jp
お電話番号 例)06-0000-0000
会社名 例)株式会社メジャー

※個人の方は「個人」とご記入願います。



 

  

 


北海道 [ 北海道 ]
東 北 [ 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 ]
関 東 [ 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 ]
信 越 [ 新潟 | 長野 ]
北 陸 [ 富山 | 石川 | 福井 ]
東 海 [ 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 ]
近 畿 [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]
中 国 [ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 ]
四 国 [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]
九 州 [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]
沖 縄 [ 沖縄 ]...
※レンタル価格/料金は「レンタル自動見積」ボタンよりご確認ください。
※中古販売始めました。価格等お問合わせください。見積は無料です。
※本日発送可能です。
※リースはお取り扱いしておりません。